酸欠少女 さユりの「平行線」


2017年冬に放映されているアニメ「クズの本懐」のエンディング主題歌。アーティストは「僕だけがいない街」のEDも担った「さユり」さん。
ボーカルの「さユり」さんは、声の芯が通っていながらどこか幼さの影を残す特徴のある歌声で、心に訴えかけてくる歌唱です。ゆったりとしたイントロから始まり、アップテンポにAメロからサビまで走り抜くような曲。
クズの本懐は登場人物たちの恋愛感情が過激に描写されるストーリー。「平行線」という曲名は、そんなキャラクターたちの関係を表しているといえます。「クズの本懐」はアニメだけでなくドラマも放映しており、他にはない過激な描写もあって面白いのでおすすめです。





音楽平行線
歌手酸欠少女 さユり
ジャンルアニソン